肘掛け窓に高欄

建物のリノベーション時に大工職人が製作した“肘掛け窓”に“高欄”。

現在の住宅では見る機会が少なくなった“高欄”。
建物前を通りかかった方が、ふと見上げている光景をよく見かける。


外観からの見た目も良いが、家の中からの見た目、家の中から見える外の風景も悪くない。


家の中から見える外の風景は人それぞれ。
ゆっくりと座り 肘をかけ、
街に暮らす人は家々を眺めるも良し、人々が行きかうのを眺めるも良し。
海沿いに暮らす人は海を眺めるのも良い。

忙しい日々の中で、休憩時間を提供してくれる場所となる。



※当建物のリノベーションについては、当HPのリノベーション事例「1F wabi/2F 呂色の梁」に掲載しております。

お見積もり・ご相談はコチラから

リノベーション・空き家活用など、お気軽にお問い合わせください。